So-net無料ブログ作成

札幌にいたときは、「カニだけは食うな」と言われていた [北海道名物]

DSC_6916.jpg
カニ料理屋のカニクリームコロッケ。





15年位前、仕事で札幌に住んでいました。
そのときの上司に、カニだけは食うな、と言われていました。
飲み屋でカニを食うと、べらぼうに高いらしい。
その言いつけを守り、飲食店ではカニ本体はほとんど食べず、
西武デパートの地下で、オレンジ色のカニの内子を買っては
ポン酢をかけて食べていました。


今回、すすきののカニ料理屋でカニ料理を食べる機会に恵まれました。
一緒にいた地元の人も10年以上ぶりとのこと。
ビルの1Fには団体名が書かれた札が沢山並んでいます。
中華系の名前が半分近くある。すごいですね。


DSC_6909.jpg
かにさし。


DSC_6910.jpg
カニ鍋。
刺身があるんだから、これだって生で食えるんじゃないか。
ところが、店員さんが「2分湯に浸すべし」と指示します。
DSC_6911.jpg
2分待ったカニ。身が毛羽立って、いわゆる花が咲いたような状態に。
鶏肉の刺身かフグ刺しのような、不思議な弾力に、カニの甘味。
確かに、2分待つ料理です。


DSC_6912.jpg
焼きタラバ。


DSC_6913.jpg
キタアカリにかにマヨネーズ的なのをのっけて焼いたやつ。
ほくっと甘い。


DSC_6915.jpg
カニクリームコロッケ。
終盤はハイボール飲んでいました。


DSC_6917.jpg
〆のカニ雑炊。イヤー堪能した。ごちそうさまでした。



結論 店員さんの進める食べ方は、正しい。



2017年2月16日木曜日午後8時ごろ くもり 北海道札幌市中央区南5条西2
氷雪の門にて



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。