So-net無料ブログ作成

蕎麦湯を注ぐアレ、湯桶(ゆとう)って名前なんですね。 [新潟コジャレランチ (ご婦人昼用)]

DSC_5945.jpg
軽くそばをたぐる。





前日、結構飲み過ぎた。朝ぐったり。じゃあ昼は軽めに、そば屋にでも行くか!
そば屋ならラーメン屋ほど並ばないだろう。
東区の旧7号沿い、ウオロクの斜め向かいにある千喜庵へ。
小上がりもテーブル席も空いています。


DSC_5942.jpg
ラーメン屋ほど並ばないのですが、提供時間は結構かかります。
天ぷらなんか頼むからだ・・・。


DSC_5943.jpg
天せいろ。1200円だったかな。
紫芋の天ぷら、丸くスライスしたニンジンの天ぷらが珍しいです。
天ぷらは塩でいただきます。
そばは短い部分もあるけど、絡まりがいいので、ほとんど気になりません。
通ぶって、最初そばを汁につけずに食べてみましたが、
うーん、俺は通にはなれないな、と思いました。


蕎麦湯は、角湯桶から注ぐと「どくっどくっ」と、
甘酒のように濃いめに流れ込んできます。



結論 細かいことは気にせず、ルールに縛られず、
   自由な雰囲気で食べるのがソバの美味しい食べ方だと思う。



2016年12月3日土曜日午後1時ごろ はれ 新潟市東区下木戸 千喜庵にて



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。