So-net無料ブログ作成

地元の人に教えてもらった名古屋めしの店 [東海名物]

DSC_5530.jpg
自己主張の強さ!





名古屋で夕飯。
事前に、地元の人におすすめを何件か聞いており、
いちばんリーズナブルそうなお店へ。
名古屋駅前のホテルから歩いて5分、伍味酉。
それにしても名古屋、呼び込みが多いですね。ホントはダメらしいですが・・・。


DSC_5538.jpg
お通しの熟成キャベツと、昆布醤油。
おかわり自由。おかわりを頼むと、あらかじめカットして冷蔵されているのか、
マッハで出てきます。器が冷たいのでそうだと思います。
なんだかんだで2人で3皿か4皿は食べました。


DSC_5529.jpg
伍味焼き。
ゆでた鶏胸肉に醤油をかけたもの。冷たい状態で出てきます。
自分で混ぜます。これも提供時間早いなあ。


DSC_5531.jpg
どて味噌串カツ。
甘辛い味噌、名古屋に来た感で満たされます。
芋焼酎のお湯割りが進みますね。


DSC_5532.jpg
名古屋コーチンの手羽先。
メニューに正しい手羽先の食べ方が書いてありましたが、
揚げたてアツアツでなかなか手で持てない。


DSC_5533.jpg
どて味噌煮込み。
牛筋とこんにゃくが甘辛く煮てあって、これもお湯割りが進む。


DSC_5534.jpg
DSC_5535.jpg
アナゴの干物の炙り。
豊浜産と書いてありました。愛知県の漁港です。


DSC_5536.jpg
DSC_5537.jpg
カエルのから揚げ。食用のウシガエルだそうです。
たんぱくな白身で、よく鶏肉にたとえられますが、
フグのから揚げに近いかもしれない。血管らしき筋が緑色で、
そこらへんは少しだけワイルドな味がします。



今回、別の日に名古屋でまた飲んだのですが、
そこで飲んだ熱燗・ねのひがすこぶるよかった。
愛知県半田市の酒蔵の酒で、ソニーの創業者の実家として有名です。
新潟人の舌にはクセが強めに感じますが、その強さが、
八丁味噌の甘辛さ・強さに抜群に合う。
主張する料理、主張する酒。


一方、新潟の酒はどうだ。
料理の邪魔をしない淡麗辛口、ほとんど水のような飲みやすさ。
料理もまた素材そのものの味を活かした薄めの味で、
酒がさらにおいしくなる。
料理を引き立てる酒、酒を引き立てる料理。



結論 料理の味、酒の味は、そのまま県民性に通じる。



2016年11月1日火曜日午後8時ごろ はれ 愛知県名古屋市中村区名駅
伍味酉名古屋駅前店にて



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。