So-net無料ブログ作成

神保町といえばこういう感じの洋食 [首都圏のメシ]

DSC_5356.jpg
東京でもオンザライスやる。





DSC_5360.jpg
神保町のキッチン南海。
2人で行って、4人掛けテーブルに2人で並んで座り、
向かいの2席は1人客がそれぞれ座ります。必ず相席。
店内は揚げ油が香り油裂音が鳴り、
料理が乗った皿はひたすらテーブルにサーブされる。
狭いキッチンには白くて高いコック帽をかぶった男性たちがキビキビと動いていて、
その割には料理はなかなか来ないです。丁寧に作っているんでしょう。
11時オープンで3,4番目のロットと思われます。
流れに乗れば、もうちょい早いか。


DSC_5353.jpg
クリームコロッケしょうが焼きライス。
雰囲気的にはカツカレーを注文する方が多かったです。


DSC_5354.jpg
DSC_5355.jpg
卓上にソースやドレッシングがあるので、適宜自由にかけたりしていただきます。
コロッケの衣は粗くとがっていて、ザクザクとした食感を容易に想像させる。
肉は枚数多くて、めしも進む。


DSC_5357.jpg
俺を含む体格のいい男達が、狭いテーブルに相席でケツの何割かを
小さいイスからはみ出しながら背中を丸めて食べている。



結論 人も値段も含めて店の中のあらゆるものが古くて味がある。



2016年1020日木曜日午前11時半ごろ はれ 
東京都千代田区神田神保町 キッチン南海にて


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。