So-net無料ブログ作成

南魚沼の山からのお告げ [焼肉定食で米消費拡大普及]

DSC_2785.jpg
コメを食え、というお告げが聞こえたような気がしました。






DSC_2789.jpg
南魚沼市、六日町インターから国道17号をちょっと北上したところにある
ハンバーグ屋、くう海。時刻は正午ごろ。
このへんのランチ事情はまったくわからないまま、
けっこう空いていた駐車場へ車を停めます。


入り口にメニュー表が置いてあって、ウリは鉄板ハンバーグのようでした。
店内に入ると、右側が厨房に近くて窓のそばの明るい席で、
左側は窓がブラインドで遮られている小上がりとテーブル席になっています。
左側の4人掛けテーブル席にひとりで座ります。お客さんは周りに誰も通されない。





席に着いて、メニューをじっくり眺めます。
ここは看板通りハンバーグか、それとも野菜が多そうなメニューにするか。
ハンバーグは目玉やチーズなどトッピングが豊富だけど、
目玉焼きがそんなに好きじゃないので、あまり魅力を感じない。
メニューに野菜炒めはないものの、ポークジンジャー(しょうが焼き)がある。
じゃあ、それください。


DSC_2777.jpg
セルフサービスで、左手前のウーロン茶と、右手前の野菜ブイヨンスープ。
左奥はお姉さんがもってきた野菜サラダ。まずこれらをもしゃもしゃ食べます。


DSC_2780.jpg
ジュージューという歓声とともに提供、
もちぶたロースポークジンジャーセット。税込980円。
皿盛りの魚沼産コシヒカリ、豚汁も。さっきブイヨンスープ飲んだけど。
野菜はキャベツ、パプリカが見えるけど、
肉の下にしんなりするまで火を通して甘くした玉ねぎが敷いてある。

鉄板のキャベツは強めの塩で、これでも飯が食える。
豚汁は壺に入った七味も一緒に持ってきてくれました。
この豚汁、表面に細かい脂が浮いていて、その旨味で飯が食える。
鉄板にはしょうがダレもあって、肉を浸して食ってもいいし、
浸さなくても味はついているので、十分飯が食える。


DSC_2782.jpg
DSC_2784.jpg
肉は3枚かと思ったら4枚だった!そして魚沼産コシヒカリはおかわり可能だとか。
もちぶたロースしょうが焼きと魚沼産コシヒカリ。
鬼に金棒、弁慶に長刀、うしおととら。
強いものにさらに強さが加わった時の爆発力を表す言葉に加えてもいいくらいです。


DSC_2786.jpg
小上がり席の窓の向こうには、八海山だろうか、山が見えます。
山は、父なる天と母なる大地の間にある。
その山が、しょうが焼きを食べていると語りかけてきました。


「魂は天に、肉体は大地に還る。人間よ、今を一生懸命生きろ。
 今を一生懸命生きるためには、まず米を食え。
 米は天であり大地であり、お前の魂や肉体も、またいずれ米になるのだ。」



結論 生命は廻る。



2016年4月27日水曜日正午ごろ はれ 新潟県南魚沼市四十日 くう海にて


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 2

一匹狼

最近、この方面に行く機会がありませんが、自分の宿題にしたいと思います。その時は是非ハンバーグを食べてみたい!

値段ほどほど、魚沼産コシお代わり自由?ならば、私が行けば間違いなく大盛り2杯は堅いと思います(笑)
by 一匹狼 (2016-04-29 22:36) 

ニュー本間

一匹狼様
メニュー表は牛ハンバーグ、牛ステーキ、豚ハンバーグの順に
なっており、値段のほどほど感はあまりないと思いますが、
ハンバーグにコシヒカリという鬼に金棒を味わっていただければと
思います。


by ニュー本間 (2016-05-01 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。