So-net無料ブログ作成

佐渡のセンスのいい割烹 [新潟コジャレ酒 (ご婦人夜用)]

DSC_2205.jpg
へんじんもっこ!
DSC_2213.jpg
炙りしめサバ!





DSC_2201.jpg
佐渡市畑野の割烹、伝。予約してきました。小上がりに座ります。
フリーのお客さんは3人でもカウンター。そのあとさらにフリーのお客さんが2人来て、
みんなカウンターで。奥はまとまった人数の宴会が大変盛り上がっています。
小上がりはひとつ空いていたけど、予約席の札が置いてありました。
大人気店ですね。


DSC_2202.jpg
お通し。ながもの辛子マヨネーズ和えだったような・・・。


DSC_2203.jpg
鮮魚の南蛮漬け400円。カラフルなパプリカとたまねぎが、しんなりして、
ちょっと酸っぱくて、なんだろうか気持ちがいいですね。


DSC_2204.jpg
へんじんもっこ盛り合わせ800円。
新潟市内でも買える、佐渡のハムソーセージブランド、へんじんもっこ。
いろいろ食べられてこれで800円。いいですね。
パテなんかはトロのつもりで、真稜のいいやつをちびりとやるのもいいかもしれない。


DSC_2207.jpg
あわびの山椒煮。高級食材という認識のあわびも、
佐渡では普段使いなのか、これで600円。
熱燗であったまった口の中で、シャープな山椒の香りがまあるく広がっていく気がしました。


DSC_2208.jpg
かわはぎ肝ポン酢。400円。あん肝よりも軽くて食べやすいです。
ぬるめの燗は銚子の底に穴でも空いているのかと思うくらい減りが早くなると思われます。


DSC_2209.jpg
まぐろカツ。
このお店は器もいいし盛りつけもいい感じがします。


DSC_2212.jpg
〆鯖炙り。600円。
きゅっと締まった身に、炙ってさらにきゅっと締まった皮目。
あしらいもちゃんとしている。見ただけでおいしさがわかります。


DSC_2214.jpg
イカ一夜干し。500円。
パリッとした軽い焼き上がり。つまみは炙ったイカでいい。お酒は飲めれば何でもいい。


DSC_2215.jpg
酒は、佐渡の5銘柄全てそろっていて、その中でも真稜は充実していました。



結論 熱燗を、着物を着た若い女将が持ってくる。それだけで、もういい店だって思います。



2016年3月11日金曜日午後8時ごろ はれ 新潟県佐渡市畑野 四季割烹伝にて


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。