So-net無料ブログ作成

新潟駅前しめサバ選手権があれば入賞確実か [新潟宴会処 (おっさん用)]

DSC_2334.jpg
DSC_2344.jpg
DSC_2338.jpg
落ち着く飲み屋。それは山小屋。






2016年2月に高校の友人と新潟駅前の山小屋で飲んだ。
しめさばが、これは青魚のトロか、というくらい良かったので、
3月に妻と一緒にもう1回行くことにしました。


DSC_2335.jpg
お通しはぶりの山かけ。
器がいいんです、ここは。


DSC_2336.jpg
山小屋名物、もみじ。辛口のつくねです。
前回はちょっと硬かったけど、今回はベストなむっちり加減。


DSC_2337.jpg
煮込み。豚もつとゴロゴロ野菜が煮込まれています。
でっかいにんじんやジャガイモ、ほろほろに崩れていく。


DSC_2340.jpg
カキフライ。ソースと一緒に提供。添えられた野菜の気取らなさ。


DSC_2345.jpg
若鳥唐揚げ。何も言わなくてもカレー風味。新潟の飲み屋として正しいスタイル。
手羽の大きさや内臓の部分の大きさなどから、若鶏とわかります。
いわゆるケンタッキーより小さい感じがします。
私は軟骨もバリバリ食べます。骨までしゃぶります。


DSC_2341.jpg
前回食べた時は新潟駅前しめサバ選手権優勝クラスだった、山小屋のしめさば。
今回は前回よりもトロさが控えめな印象でしたが、それでも入賞は確実でしょう。
ひしゃげた六角形の器もなんだかステキ。


DSC_2343.jpg
山椒にしん。
前回は山椒の葉っぱも一緒に提供されていたような・・・。無くてもいいけど。
しめサバと山椒ニシンと来れば、もう日本酒を飲むしかない。
山小屋駅の酒は、以前は沼垂の今代司だったと思いますが、今は八海山。
豚の内臓を串に刺したやきとりのこってりした脂とタレの甘さが、
今代司の普通酒をとびきり熱くした燗にめっぽう合った。
ただ魚系には今代司の普通酒では役不足なので、
八海山が標準の酒としてメニューに記載されているのは喜ばしいことだと思います。



結論 昔はやきとりに合う日本酒もあったけど、今はビールなんだよなあ・・・。



2016年3月19日土曜日午後9時ごろ はれ 新潟市中央区弁天 山小屋駅前店にて


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。