So-net無料ブログ作成

2週遅れのテレビの影響か [新潟コジャレランチ (ご婦人昼用)]

DSC_1798.jpg
俺にカレーを食わせろ!





新潟は確か2週間遅れだったと思うタモリ倶楽部で、タンドール釜を特集していました。
その影響で、カレーが食べたくなった日曜の昼。
横越か女池か迷って、西跨線橋たもとのペットショップにも用事があるので女池の方へ。


DSC_1804.jpg
紫鳥線の女池小学校すぐ近く、プルニマ。
カップルと家族でほぼ満席です。さすがタモリ倶楽部だ。
今日のインドネパール料理屋はどこも混雑だろう。


DSC_1796.jpg
サラダとラッシー。
にんじんをすりおろしたような甘くて赤いドレッシングがかかっています。


DSC_1799.jpg
キーマカレーとナン。
DSC_1797.jpg
DSC_1802.jpg
ナンは南インドの人はほとんど食べないとか。
ほんのり甘いパンのようで、毎日食べても飽きないと思うけどなあ。
DSC_1800.jpg
キーマカレーの中心の白い丸は、生クリーム的なものじゃなくて、タマゴの白身でした。
うっかり辛口を頼んだので、頭皮や額から汗がじんわり。


DSC_1801.jpg
妻が頼んだシュリンプカレーとライス。日本米です。


DSC_1803.jpg
妻からライスちょっともらいました。
ライスが辛い汁に浸って、ライスは辛さを緩和させるどころか辛さを加速させるような。
自分の存在を加速すると、ついには見えなくなって、普遍的な存在になれる。
早すぎる物体は見えないけど、確かにそこにはある。
というのをリュックベッソン監督の映画ルーシーでやっていました。
これで俺も涅槃に近づけただろうか。(無理です)

そういやインド生まれのお釈迦様は、唐辛子を召し上がっていたのだろうか。
気になって唐辛子の起源を調べたら、紀元前6000年ごろの中南米あたりが原産らしい。
インドで使われたのはハウス食品のサイトによると比較的新しくコロンブス以降とのことで、
お釈迦様は唐辛子を召し上がっていない可能性が高い。



結論 カレーの辛さに関わらず、悟りは開ける。



2016年2月7日日曜日正午ごろ はれ 新潟市中央区女池 プルニマにて



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。