So-net無料ブログ作成

唐揚げラーメンではなく、揚げ鶏ラーメン [新潟のラーメンとか]

DSC_1302.jpg
光は最高の調味料だ。





年末。腹が減った正午ごろの亀貝インターあたりでの選択肢は、
あそこの油そばか、てんてんのランチメニュー。
てんてんはランチ時、食後にマシンから淹れたコーヒーが飲めるから、
落ち着きたいときにすこぶる良い。また、タウン誌の最新号があるので、
待っている間やコーヒー飲みながら、ゆったり眺めることができる。
ヒレカツカレーにしようと思いましたが、壁にラーメンメニューが貼ってある。



DSC_1301.jpg
揚げ鶏ラーメン税別750円、税込810円。


DSC_1305.jpg
とろっとした溶き卵ともやしと針ショウガの、味うすめのスープ。
揚げ鶏はレンゲでもちあげると、汁が肉からしみだしているのがわかる。
コロモはかためで、徐々に汁と仲良くなっていく。


DSC_1303.jpg
麺は何となく緑がかっているような。


1人で行くと、レジ奥の窓辺のカウンターに座るのですが、
ここはどんな料理でも抜群の光量ですっごくうまそうにメシの写真が撮れます。
今回、レンゲや麺なんてピント全くあっていませんが、それでもなんだかうまそげ。



結論 光も、ごちそう。



2015年12月28日月曜日正午ごろ はれ 新潟市西区亀貝 てんてん亀貝店にて


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。