So-net無料ブログ作成

西区のラーチャニスタ共の視野を広げるべく亀田のラーチャンを食べる [チャーハンとラーメンのセット]

DSC_5274.jpg
西区のラーチャニスタ達に特に恨みはありません。
でも西側優遇政策があるような新潟市には恨みがあります。





午前中は屋外でびっしょり汗をかいた。
頭は帽子かぶっていたので髪がぺっそり、胸はじっとりして、腹はポッコリ、
モモと腰回りはまるでお漏らししたかのように濡れている。
そんな汗だくのキモデブとして亀田の太和良食堂に入店、カウンターの左端に座ります。
まずお冷やを飲み干し、すぐさまお店の人におかわりをついでもらいます。
なんだかんだで5杯は水飲みました。



DSC_5271.jpg
野菜メニューや生姜焼き定食もありましたが、
チャーハンセット800円。ラーメンかうどんかを選べます。迷わずラーメン。
今必要なのは、水分・塩分補給。


DSC_5272.jpg
DSC_5275.jpg
ラーメンどんぶりはラーチャン的な控えめな大きさ。
普通のラーメンがヘルメットとすると、これは帽子だ。
多めのメンマ、ネギ、ホウレン草、なると、ぺらっぺらのチャーシュー。
この薄いチャーシューが物足りなさげだけど、いい。麺を挟んで食べるのにジャストな薄さ。
スープは煮干しがグイグイとリードしてくる。
麺をすすると、ほんのわずかに鹹水のにおいがするけど、それもまた味のうち。
そういう麺をモクモク食べて、スープをレンゲ使わず丼に口つけてグビグビ飲みたいんですよ。


DSC_5273.jpg
ネギ、タマゴ、紅ショウガでカラフルなルックスのチャーハン。
金属のスプーンで、ヌサっとすくって食べると、中はアッツアツでやけどしそう。
西区的なパラパラチャーハンのラーチャンはチャーハンが主役で、
スープはチャーハンに潤いを与えるけど、
このチャーハンはしっとりとした舌触りで、しょっぱめというよりは濃いめの味。
スープに深みを与えるチャーハンとでも言おうか。


西区のチャーハン主義的・実学的なラーチャンを食べている人達にも、
考えながら食べていくといろいろ楽しい哲学的なこういうラーチャンも食べてほしい。
私以外の人は、ラーメンとチャーハンごときにそんな考える余地なんてあるか、
と思っているであろうけど・・・。



結論 とりあえず水分塩分補給は正解だった。



2014年8月7日木曜日正午ごろ はれ 新潟市江南区中島 太和良食堂にて



コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 4

焼き鮎

お近くのまつもとは駐車場満車なのに
こちらはいつも余裕ある感じで
どんなお店なのかな~と気になってました。
機会があれば行ってみよう。

ところで・・・。
とんかつの小松さん、お店やってますか?
by 焼き鮎 (2014-08-21 08:24) 

ニュー本間

焼き鮎様
まつもとは私は行ったことないので、機会があれば行ってみます。
とんかつ小松はやめたようです。

by ニュー本間 (2014-08-21 22:46) 

tom

にゅーほんまさん、文章の切れ味が益々あがってきて、プロのフードライターみたい。
by tom (2014-08-22 16:54) 

ニュー本間

tom様
ありがとうございます(^^;
西側に変な対抗意識が多分あって、気分的にアガってたと思います。

by ニュー本間 (2014-08-23 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。