So-net無料ブログ作成

小田和正の功績 [新潟オシャレめし 夜 (若者用)]

DSC_1787.jpg
これを
DSC_1788.jpg
こう!
DSC_1811.jpg
で、こうする!




新潟駅前の、割といかがわしい系の客引きが多い通りの店の2F、
天晴れ精肉店に妻と来ました。
カウンター6席、4人がけ5卓が、ギュウギュウに配置され、
椅子も酒瓶を入れるコンテナケースを改造したような小さいやつ。
場所柄、チャンネーと同伴して七輪で肉を(チャンネーに)焼いて(もらって)、
そのあとじゃあお店行くか、といった使われ方。


DSC_1783.jpg
ホルモン4種盛り。牛シロコロ、豚シロコロ、極上ホルモン、シマチョウ。
既に自家製ダレに漬けてあるので、焼き上がりは何もつけずにいただきます。
DSC_1784.jpg
したたり落ちる脂が炎となって立ち上るのを、氷で消したりして焼いていきます。
この脂がまたシュワシュワしたビールやホッピーに合いすぎる。


DSC_1785.jpg
ナムル盛。豆もやし、ほうれん草、五泉の蓮根。
肉が焼けるまで、これでしのぎます。


DSC_1786.jpg
1日3枚限定らしい、A5仙台牛デカロース。
ハサミで切ってから焼いて、ワサビか柚子こしょうでいただきます。
DSC_1789.jpg
DSC_1791.jpg
言葉を失うほどのうまさ。
小田和正が歌っていました、「嬉しくて、嬉しくて、言葉にできない」と。
あらゆる食材の頂点に君臨する、A5の牛肉。
口に入った瞬間、訪れる幸福。
しばらく忘れていた感覚、「肉って、こんなに美味しかったんだ。」



結論 小田和正の功績は、言葉にできないことを言葉以上に伝わるメロディーに乗せたことだと思う。



2013年10月19日土曜日午後8時頃 はれ 新潟市中央区東大通 天晴れ精肉店にて





DSC_1795.jpg
仙台牛の煮込み。
DSC_1806.jpg
DSC_1808.jpg
オンザライス(小)。
めしに煮込みをかけた瞬間にわかる、確かな手応え。
約束された勝利。祝福の時。
誰も止めることはできない、器が空になるまでは。


DSC_1801.jpg
牛ハラミ。
DSC_1802.jpg
オンザライス。















天晴れ 精肉店ホルモン / 新潟駅

夜総合点★★★★ 4.0






コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 2

安井美由紀

そうですね!「言葉を失うほど」おしゃれな食べ物ですね!特に肉がうまそうでね、食べてみたいでね。
by 安井美由紀 (2013-11-04 06:01) 

ニュー本間

安井美由紀様
スイマセン、このブログではオシャレじゃないものも
オシャレと言っていますので、何卒ご容赦ください(^^;
仙台牛はうまかったのと同時に原価高そうだと思いました。

by ニュー本間 (2013-11-04 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。