So-net無料ブログ作成

肉がないのに牛丼の味がしたわっぱ飯 [福島名物]

DSC_1371.jpg
会津で輪箱飯食べました。




DSC_1387.jpg
某会合で会津まで行ってきました。
昼食は元祖輪箱飯、田季野で。


DSC_1386.jpg
古民家な店内は、土間から座敷にあがってくつろげる客席。
天井が低い上に灯も大きいので、成人男性なら頭をぶつけます。
腰を低く生きろ、という教えなんだろうか。


DSC_1374.jpg
会津名物、こづゆ。
新潟ののっぺに似ています。たぶんイクラのかわりだと思われる豆麩が入っています。


DSC_1380.jpg
天ぷらはスルメイカ、塩さば(?)、辛いししとう、甘いまんじゅう。
まんじゅうの天ぷらはデザート的な扱いではなく、普通に天ぷらの一品としてあります。


DSC_1384.jpg
きゅうりをたたいて折ったようなランダムな切り口の漬物の上に、
しょっぱめの謎の茶色い漬物。小さいなすの輪切り?


DSC_1379.jpg
わっぱ飯はたっぷりのきのこと鮭。もしかしてマスか?
きのこから複雑な旨みが出るのか、しっとり味がしみためしとともに噛み締めると、
肉が入っていないのに上品な牛丼の味わいです。



結論 私は味音痴なので、皆さんは牛丼という言葉に惑わされないようにお願いします。



2013年9月26日木曜日午後1時頃 くもり 福島県会津若松市栄町 田季野にて


















田季野郷土料理(その他) / 七日町駅会津若松駅西若松駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。