So-net無料ブログ作成
検索選択

このブログのラスボス、大みや食堂のトンテキライス [焼肉定食で米消費拡大普及]

DSC_8354.jpg
大みや食堂で一番高いメニュー1200円は2つあり、
ひとつはトンカツライス。もうひとつが、トンテキライス。






ご縁があって、他県のラジオに電話で出演した午前11時過ぎ。
事前に原稿は書いていて心構えはしていたし、
他県のコミュニティFMだから私の知り合いは誰も聞いていないだろうと
思っていたものの、やっぱり緊張するものですね。
しかしながら、原稿を書くことによって、
自分の普段考えていることを文書化して、
チェックすることで自分の視覚を通して再認識するという、
非常にいい機会だったと思います。ありがとうございました。


そんな緊張がほぐれた土曜の正午前。腹も減ってきた。
普段食べることはないであろう、考えられる範囲の未知のごちそうといえば、
大みや食堂のトンテキだ。数日前からそう考えていました。


台数の少ない駐車場は幸い1台空いている。
お店に入ると、カツカレーに挑戦中の野武士がひとり。
料理待ちの男性2人客が2組。1組はむちっとしたスポーティで、
もう1組はすらっとしたシャレこき系。
しばらくしてスポーティの方に、ご飯が茶碗の高さよりも高く盛られた、
野菜炒めはてんこ盛りのご飯と同じくらいの高さに盛られた、
野菜炒め定食が提供。がんばれ、若人よ。その連山の向こうに、君の未来はある。


液晶テレビはアニメ・アイカツを放映中。歌シーンの3DなCGがすげえ動きだ。
キャラも動くし、カメラアングルもぐるんぐるん動く。
おそらく世界の列強がうらやむような、
最先端技術を駆使した日本のアニメなんだろう。
そんな世界最先端な映像が流れる新潟市の昔ながらの食堂の片隅。
アイカツに感心しているうちに、まず皿盛りライス、漬物、味噌汁が到着。
紙ナプキンにくるまれたナイフとフォークも。


DSC_8349.jpg
トンテキライス1200円。定食ではなく、ライスと称するところに、
お店の強いメッセージを感じます。尚、トンテキ単品は1000円。
白菜の漬物はメシが残っても心配ないくらいのしょっぱさ。味噌汁はワカメと筍。


DSC_8350.jpg
たっぷりのマカロニサラダ添え、山盛りの千切りキャベツの上に、
外側パリッ、中ムニュ、な絶妙のトンテキ。
粒子粗めのケチャップの酸味が、ぐわっと脂なトンテキをさっぱりさせる。
脂身は切れ込みが入っていて、火の通りやすさややわらかさの一因であったり、
ナイフを入れる目安にもなっていると思われます。


DSC_8351.jpg
ひときれを、オンザライス。
強火で外側を固め、中はやわらかく仕上げた、衣のないトンカツのような豚。
まるで、力を抑える鎧を取っ払って、最終形態になったラスボスの圧倒的な強さ!
俺の装備はナイフとフォークだ、弾力と脂で滑って血まみれ(ケチャップです)に
なっても、攻撃の手は停めない。


DSC_8353.jpg
ひるんではいけない、こいつを倒せば世界は救われるはずなんだ。
この戦いが終わったら、俺、結婚するんだ・・・(既にしています)。





とまあ、写真を見てその時の気分を思い出したり、
改めて感じたことをいろいろ付け足したりしてブログを書いているわけですが、
そろそろこのブログも終わりです。


10年以上こんなの書いていると「あんたグルメなんでしょ、おいしい店教えて!」
と言われることが少なからずあります。
ほとんどの場合は、聞いてくる人の方がグルメだったりするので、
どの店がおいしいか、何がおいしいか、については、
正直おすすめする自信がないです。
(稀に、人数構成と場所とジャンルを聞いて、この店がいいんじゃない?と
 アドバイスすることもありますが、不安でしょうがない)


先ほどのトンテキの記事を見てもわかる通り、このブログ文は
ファンタジーに満ち溢れているし、私自身バカ舌だから、
見たまんましか書けないし、味覚についてはと単純な甘さしょっぱさばかりで、
ダシがどうとか、分析は困難です。
そのかわり、おいしさとは何かについて考えてみると、
結局は自分の気分次第だということにたどり着きました。


提供まで長いこと待たされてイライラしていれば怒りで味がわからなくなるし、
待っている間でもお店の雰囲気や調理場の臨場感、
隣のテーブルのゴシップに満ち溢れた女子トークなどを楽しむことができれば、
何にも苦になりません。
また腹が減らない状況で美味しい店に行っても感動しないし、
疲れて腹が減っていれば、だいたいなんでも美味しいです。



結論 美味しさは、気分次第だ。



2017年6月17日土曜日正午ごろ はれ 新潟市中央区本馬越 大みや食堂にて




コメント(4)  トラックバック(0) 

コメント 4

めいさん

2回を残して、ラスボス登場。
ラスボスの次
大いに期待しています。

「美味しさは、気分次第だ。」名言ですね。
思わずコメントしてしまいました。
by めいさん (2017-06-27 12:49) 

ニュー本間

めいさん様
ありがとうございます。メシの記事はこれで終了です。
残り2回のうち、1回は長岡花火、
もう1回はエピローグ映像となります。
よろしくお願いします。


by ニュー本間 (2017-06-27 22:57) 

一匹狼

トンテキは恥ずかしながら実物を見た事がありませんでした。
この手強さは私が行っても、厳しい戦いになる事請け合いでしょうね(笑)

色んなブロガーさんが居られますが、結局は自分の舌が正直者ですから、「百聞は一見に如かず」だと思います。

しかし、ニュー本間さんのお陰で、通って8年以上の常連となった店もあります。
「いつもので!」「あいよ!」で通じる紫竹三丁目の大衆食堂は、私にとってかけがえのない店となりました。大変感謝しております。
by 一匹狼 (2017-06-29 21:43) 

ニュー本間

一匹狼様
ありがとうございます。
このブログで一匹狼様の食が豊かになっていただけたようで、
書いていて本当にうれしいです。

by ニュー本間 (2017-07-01 23:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。