So-net無料ブログ作成

年イチで食べたくなる、かきあげ天丼 [魚介類で米消費拡大普及]

DSC_6680.jpg
昨年も冬に食べていた。





沼垂のとんかつ政ちゃんの隣の天ぷら屋、寄ってけ亭。寄ってきました。
海鮮系のものが食べたい、と思った時の選択肢のひとつ。
昨日は昼に肉メニューを食べたので、魚介メニューでバランスをとりたかったのです。
どっちみち食べ過ぎるんだけど。


DSC_6678.jpg
キャレルを見ながら待っていると提供、
えびかき揚げ天丼900円。
かきあげは大きく厚く、タレはまんべんなくしみていて、どこを食べてもちゃんと天丼。
刻んだ大葉が混ざっていて、さわやかに食べ進めるのですが、
終盤はだんだん胃の中での存在感が大きくなってきます。
どこかが膨張してどこかが圧迫される緊張感。
それでもまた食べたくなる不思議な魅力。



結論 昨年の今頃とほとんど同じ内容で更新したので、文章もだいたい同じ。



2016年2月5日日曜日午前11時半ごろ くもり 新潟市中央区沼垂東 寄ってけ亭にて



DSC_6679.jpg
DSC_6681.jpg
昨年と違うのは、かきあげの面積がはみ出なくなったのと、
マイタケが入って食感が楽しくなった気がするのと、
俺の胃が確実にひとつ年をとったということ・・・。
でも、もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対、て感じで、
また来年の今頃も食べていることでしょう。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。