So-net無料ブログ作成
検索選択

佐渡汽船内でながもそば [新潟名物]

DSC_2176.jpg
冬の日本海


DSC_2173.jpg
あったかいそば。




DSC_2175.jpg
佐渡汽船で新潟から佐渡へ。「さあ、どうぞ。」
新潟駅からバスに乗って萬代橋を渡る途中で、車内で「佐渡へ、さあどうぞ」という
洒落たアナウンスが流れます。


DSC_2172.jpg
船内の軽食コーナーで、ながもそば600円。
ながもとは?多年性のホンダワラ科の海藻でも一年性のもので、
似たような海藻の銀歯草と比べると粘りが強いらしい。
しかしながら実際に佐渡のスーパーでは「銀葉草(ながも)」という名前で売られていました。


DSC_2174.jpg
ねろっとした海藻、ずろっとしたそば。
波の花が船に飛び散り、そばつゆをごくんと飲んで、ねばりと熱さを自分のものにした。



結論 ねばりも熱さも、すぐになくなる要素だけど・・・。



2016年3月11日金曜日午後1時ごろ 雪 新潟県日本海 佐渡汽船おけさ丸にて



コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 2

配管工

ほんのちょびっとなんですが、ギンバソウとナガモは違うんですよ。
ほんと、微妙に。
by 配管工 (2016-03-18 17:26) 

ニュー本間

配管工様
調べてみたら、おっしゃるとおり、微妙に違うようですね。
本文を訂正しました。
しかしながら、スーパーのものは「銀歯草(ながも)」と
して売られていました。

by ニュー本間 (2016-03-19 07:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。